工場見学

印染の行程を紹介します。米処である日本は昔から染物が盛んでした。江戸時代の火消しによって印半纏が庶民の物となり、一気に普及しました。近代では、なせん(プリント)技術の普及により昔ながらの、防染のりを使った印染は減りつつありますが、守らなくてはならない日本の伝統技術の一つだと言えるでしょう。 手作業での印染は、基本的には昔と変わりませんが、型紙等の材料は進化し、染料なども生地の多様化に合わせて種類も豊富になっています。 

■暖簾(引染)・半纏(硫化染)の紹介

白生地から下絵、線は水で消える

防染のり、アク(石灰)入り

筒引きにて、のり置きします

暖簾の右部分のり置き

外にて天日干しします

先に差し色から小刷毛で染めます

文字・かすみ、差し色を染めます

”かすみ”はぼかし染めにて

ぼかし部分アップ

地色(紺)引き染め

裏から見た状態

ご家庭用に”混浴”でどうぞ

半纏大紋型のり置き

のり部分が白抜きになります

染め上がり後、仕上げ

硫化染は、のり置き後砂を掛ける

砂は釜染めの場合、あたりを防止

腰柄は定番の角字

衿字のり置き(2枚分)

衿染め仕上がり

その他反物、仕上げ